フォローありがとうございます!

今フォローしたテーマに紐づくニュース記事などの最新情報はYahoo! JAPAN アプリ(iOS、Android)などで記事を確認できます。

Yahoo! JAPANアプリ

Yahoo!ニュースアプリ

close

テーマ詳細サムネイル

加藤凌平

1,653フォロワー

写真:アフロ

加藤凌平

加藤 凌平(かとう りょうへい、1993年9月9日 - )は、日本の体操競技選手。静岡県生まれ、埼玉県草加市育ち。埼玉栄高等学校を卒業し順天堂大学へ進学。父親でロンドンオリンピック男子体操コーチの加藤裕之も元体操選手で1989年世界体操競技選手権代表。2008年、国際大会(リューキンカップ)初めて参加し、14~15 歳の部で個人1位。2011年にナショナル入りし、2011年世界体操競技選手権選考では高校生ながら補欠選手となった。2012年に初めて男子体操日本代表に選出され、2012年ロンドンオリンピック団体総合で銀メダル獲得に貢献。帰国後は全日本学生体操競技選手権大会王者、翌2013年4月のワールドカップ東京大会で銀メダル獲得等、個人総合選手として急速に成長。2013年5月、岩手県営体育館(盛岡市)で開催された東日本学生選手権において、つり輪の演技直前のウォーミングアップで懸垂技の練習中、片方の輪と上部から伸びたワイヤをつなぐ革製ベルトが切れた。片手でぶら下がる状態となって弾みで肩を負傷。首や背中がむち打ちのような症状に見舞われることとなった。事故の原因は器具の老朽化であった。

Feペディア(出典:Wikipedia)

Yahoo! JAPANアプリ