プッシー・ライオット

プッシー・ライオット (Пусси Райот、Pussy Riot) は、ロシアのフェミニスト・パンク・ロック集団。許可を取らずに、モスクワ地下鉄や赤の広場で即興演奏をすることを特徴としている。バンド名は"プッシー(子猫、あるいは女性器)の叛乱"の意。2012年3月、モスクワの救世主ハリストス大聖堂で、即興の無許可演奏を行い、メンバー3人が逮捕され、「フーリガン行為」の咎で7月下旬から裁判が始まった。バンドのメンバーは、拘束中の虐待や、最長7年の刑が下る可能性のあることを訴えてロシア国内外からの同情を集めたが、他方では、信仰心のあつい人々の感情を害したとして批判もされた。連邦検察官アレクセイ・ニキフォロフは、「神を冒涜した」として3人に実刑を求めている。プッシー・ライオット側の弁護士たちは、この裁判の状況が、ソビエト連邦時代の見世物裁判 (Show trial)(モスクワ裁判)を再現するものであると述べている。

Feペディア(出典:Wikipedia)

関連テーマ

最近話題のテーマ

もっと見る

読み込み中

Yahoo! JAPANアプリ