笠井千晶

15年以上のテレビ報道記者勤務を経て独立。フリーの映像ディレクターとして、撮影〜編集までを手がけ、テレビ・映画のドキュメンタリーを制作。震災後の福島に通い、原発周辺の街で映像記録を続ける。また死刑囚の再審請求事件「袴田事件」を十数年に渡り取材。死刑囚・袴田巌さんが2014年に釈放された瞬間に同行し、47年ぶりに自由の身となった直後の様子を記録した。裁判所組織を描いたものなど司法に関するテーマが多い。日本民間放送連盟賞テレビ報道番組部門 最優秀賞 (2004年度)、「地方の時代」映像祭 優秀賞 (2006年度)、石橋湛山記念 早稲田ジャーナリズム大賞 奨励賞 (2010年度) などを受賞。

関連テーマ

最近話題のテーマ

もっと見る

読み込み中

Yahoo! JAPANアプリ