テーマ詳細サムネイル

吉村和真

0フォロワー

概要

1971年、福岡県生まれ。専門は思想史・マンガ研究。マンガが日常生活に定着するまでの歴史と、それが人間の思想や価値観にもたらす影響について研究中。2001年の日本マンガ学会設立や2006年の京都国際マンガミュージアム開館など、マンガ研究の環境整備と社会還元を推進してきた。主編著に、『「はだしのゲン」がいた風景―マンガ・戦争・記憶』(2006年)、『差別と向き合うマンガたち』(2007年)、『マンガの教科書―マンガの歴史がわかる60話』(2008年)、『障害のある人たちに向けたLLマンガへの招待―はたして「マンガはわかりやすい」のか』(共著、2018年)等がある。