数寄屋橋

数寄屋橋(すきやばし)は、1629年(寛永6年)江戸城外濠に架けられた橋である。1929年(昭和4年)に石造りの二連アーチ橋に架け替えられた。旧麹町区と旧京橋区の境界に位置し、現在の晴海通り (都道304号)にあった橋である。その後、取り壊されて現存しない。周辺の地域も数寄屋橋と呼ばれる。

Feペディア(出典:Wikipedia)

関連テーマ

最近話題のテーマ

もっと見る

読み込み中

Yahoo! JAPANアプリ