テーマ詳細サムネイル

下町ロケット(テレビドラマ)

2,031フォロワー

写真:アフロ

もっと見る

読み込み中

下町ロケット(テレビドラマ)

『下町ロケット』(したまちロケット)は、池井戸潤の小説、及びこれを原作としたテレビドラマ・ラジオドラマである。宇宙科学開発機構の研究員だった佃航平が、死んだ父の経営していた中小企業「佃製作所」の社長となり、社員たちと共に奮闘する姿を描く。小学館発行の『週刊ポスト』に2008年4月18日号から2009年5月22日号まで連載され、加筆・訂正の後、2010年11月24日に単行本が小学館より刊行された。2013年12月21日には小学館文庫版が刊行された。第145回(2011年上半期)直木三十五賞受賞作品、および、第24回(2011年)山本周五郎賞候補作品。2011年にWOWOWの連続ドラマWでテレビドラマ化された。2012年3月20日には、TBSラジオでもドラマスペシャルとしてラジオドラマ化された。2015年10月3日から、続編『下町ロケット2 ガウディ計画』が朝日新聞に連載され、2015年11月5日に書き下ろし単行本が刊行された。『下町ロケット』はロケットエンジンのキーパーツであるバルブシステムの開発に賭ける佃製作所の奮闘が描かれ、『下町ロケット2』では心臓手術に使用する人工弁「ガウディ」開発に取り組む様子が描かれる。

Feペディア(出典:Wikipedia)

関連テーマ

最近話題のテーマ

もっと見る

読み込み中

Yahoo! JAPANアプリ