テーマ詳細サムネイル

小保方晴子

1,398フォロワー

写真:アフロ

もっと見る

読み込み中

小保方晴子

小保方 晴子(おぼかた はるこ、1983年9月25日 - )は独立行政法人理化学研究所の元研究員、文筆家。刺激惹起性多能性獲得細胞(STAP細胞)研究の中心人物。学位は早稲田大学博士(工学)であったが、猶予期間の後、2015年11月に取り消された。STAP論文や博士論文の不正事件に加え、小保方本人の人物像や、手記『あの日』も話題になった。ハーバード大学医学大学院客員研究員、理化学研究所発生・再生科学総合センター客員研究員、同・細胞リプログラミング研究ユニットリーダーとして、胞子様細胞・STAP細胞の研究に従事。2014年1月に筆頭著者として投稿した論文がネイチャー誌に掲載され、「リケジョの星」として注目を集めた。しかし、自身の博士論文も含めて論文不正や研究実態の疑義が問題となり、STAP細胞の論文は撤回された。小保方も12月21日付で理化学研究所を退職した。

Feペディア(出典:Wikipedia)

関連テーマ

最近話題のテーマ

もっと見る

読み込み中

Yahoo! JAPANアプリ