テーマ詳細サムネイル

低体温症

369フォロワー

写真:アフロ

低体温症

低体温症(ていたいおんしょう、Hypothermia ハイポサーミア)とは、恒温動物の深部体温(中核体温)が、正常な生体活動の維持に必要な水準を下回ったときに生じる様々な症状の総称。ヒトでは、直腸温が35°C以下に低下した場合に低体温症と診断される。また、低体温症による死を凍死(とうし)と呼ぶ。

Feペディア(出典:Wikipedia)

関連テーマ

最近話題のテーマ

もっと見る

読み込み中

Yahoo! JAPANアプリ