テーマ詳細サムネイル

保活(保育園活動)

1,782フォロワー

写真:アフロ

もっと見る

読み込み中

保活(保育園活動)

保活(ほかつ)とは、自身の子を保育所に入れるために保護者(親など)が行う諸活動を指すための、日本独特の造語。日本の政府は、ヨーロッパ諸国の政府と比較して、産業界(いわゆる「財界」)に提供(誘導)する目先の金銭にばかりに注意を向けるあまり、子育て・保育のための環境(保育施設の数や質の充実、子育てにかかわる職業人の育成・確保や適切な給与設定、諸制度の整備、予算の配分 等々)をないがしろにしてきた歴史、軽視してきた歴史があり、日本でも先進諸国同様に結婚後の女性の就労割合も増えているにもかかわらず日本政府がそうしたずさんな姿勢のままでいたものだから、日本の都市部においては、保育所は、全然 数が足らない状態に陥ってしまっており、子を持つ親は、子供を保育所に入れようとしてもそれがなかなか叶わない。数的、統計的に見ると、待機児童は近年増加傾向にあり、2009年4月時点でも約2万5千人に達していたのであり、待機児童は全市区町村の約2割に当たる377の市区町村におり、待機児童が50人以上いる市区町村は101にものぼった。待機児童は特に、首都圏や近畿圏などの都市部に多く、仙台市、東京・世田谷区、横浜市、川崎市、名古屋市、大阪市では待機児童が500人以上にものぼった。(その結果、「待機児童の増加」がさかんに報道されている。)

Feペディア(出典:Wikipedia)

関連テーマ

最近話題のテーマ

もっと見る

読み込み中

Yahoo! JAPANアプリ