テーマ詳細サムネイル

カベルナリア吉田

72フォロワー

概要

1965年北海道生まれ。早大卒。読売新聞社ほかを経て2002年よりフリー。沖縄と島めぐりを中心に「自分の足で歩く」旅を重ね、独自の視点で紀行文を執筆。最新刊は『ビジホの朝メシを語れるほど食べてみた』(ユサブル)。近著は『何度行っても変わらない沖縄』(林檎プロモーション)、『突撃!島酒場』(イカロス出版)、『沖縄戦546日を歩く 増補改訂版』(彩流社)、『狙われた島』(アルファベータブックス)。ほか『沖縄の島へ全部行ってみたサー』『絶海の孤島』『沖縄バカ一代』『沖縄ディープインパクト食堂』など著書多数。早稲田大学で社会人講座も開講。旅以外の趣味はバイオリン、レスリング。